職場で使える心理学

もしあなたが職場の人間関係で悩んでいるのなら心理学の知識を使って解決できるかもしれません。

生産的性格

生産的性格とは、人間の能力を最大限に発揮し、自己実現を果たそうとする性格です。ドイツの社会心理学者エーリッヒ・フロムは、生産的性格を「自分自身を愛し、他者を愛し、世界を愛し、自然を愛する」性格であると定義しました。

生産的性格の人は、以下の特徴を持っています。

自己肯定感が高い
他者を尊重する
創造性が高い
責任感がある
目標達成意欲が高い
変化を恐れない
生産的性格の人は、仕事や人間関係において、高い成果を上げることが期待できます。また、社会や世界に貢献するような活動にも積極的に参加する傾向があります。

生産的性格になるためには、以下の点に注意するとよいでしょう。

自己肯定感を高める
他者を尊重する
創造性を伸ばす
責任感を持つ
目標達成意欲を持つ
変化を恐れない
自己肯定感を高めるためには、自分の強みや長所を認識し、それを活かすことが大切です。他者を尊重するためには、相手の意見や価値観を尊重し、理解しようとする姿勢が重要です。創造性を伸ばすためには、新しいことに挑戦する機会を増やし、自分のアイデアを積極的に表現することが大切です。責任感を持つためには、自分の行動や言動に責任を持つことが大切です。目標達成意欲を持つためには、小さな目標を立てて、それを達成していくことで達成感を得ることが大切です。変化を恐れないためには、変化を前向きに捉え、それをチャンスと捉えることが大切です。

生産的性格は、人間が目指すべき理想的な性格と言えるでしょう。