職場で使える心理学

もしあなたが職場の人間関係で悩んでいるのなら心理学の知識を使って解決できるかもしれません。

(心理学における)幸福恐怖症

幸福恐怖症(cherophobia)とは、幸せに対する、もしくは幸せになることに対する不合理な強い恐怖感を指します。幸せになると、何か悪いことが起こるのではないか、幸せは長くは続かないのではないか、などという不安や恐怖心を抱き、幸せになる状況を回避しようとします。

幸福恐怖症の原因は、幼少期の体験や親からの刷り込みなど、さまざまな要因が考えられます。たとえば、過去に幸せを感じた後に、何か悪いことが起こったという経験があると、幸せと不幸が結びついたネガティブな記憶が形成され、幸福恐怖症につながる可能性があります。また、親から「幸せになりすぎるのはいけない」というメッセージを繰り返し聞かされると、幸せに対する罪悪感や不安感を抱くようになり、幸福恐怖症の原因となることもあります。

幸福恐怖症の症状は、以下のようなものです。

幸せを感じると、不安や恐怖心を感じる
幸せになる状況を回避しようとする
幸せになるための努力をしない
幸せを享受することができない
幸福恐怖症は、不安障害の一種であると考えられています。治療には、認知行動療法やカウンセリングなどが有効です。

幸福恐怖症の克服には、以下のような方法が考えられます。

幸せに対するネガティブな思い込みや信念を修正する
幸せになるための努力をしてみる
幸せを享受することを許可する
幸福恐怖症は、自分で克服するのが難しい場合もあります。その場合は、専門家の助けを借りることも検討しましょう。